2016年 10月 の投稿一覧

断熱性のいい住宅とは

断熱性のいい住宅とは、一言でいえば冷暖房費の費用負担が少ない住宅です。冷暖房費の負担は地域により異なるものの、同じ地域でも負担の大きな住宅と、少ない住宅があります。注文住宅を建てる場合は、多少の初期投資はかかっても、ランニングコストの少ない、断熱性のいい住宅としたいものです。断熱性を決める要素としては、建物の構造、建物の形状、断熱材及びサッシがあります。鉄筋コンクリートの住宅は、外気温の影響を受けにくく、冷房時も暖房時も効率的なエネルギー負担ができます。木造と鉄骨造は壁や屋根に断熱材を十分に設置しないと高い断熱性は保てません。建物の形状は、なるべく外気に接する部分の少ない住宅が、断熱性のいい住宅といえます。凹凸のある住宅や、ピロティーを有する住宅は外気に接する部分が大きくなるために、断熱性は悪いといえます。断熱材は性能が良くて厚みのあるものが良く、熱貫流率の数値が低い方が、断熱性は高くなります。サッシの面積は小さいほど断熱には有利です。

後悔しない住宅会社の探し方2

国産の天然無垢材で建築されている一戸建ては、シロアリの被害が発生しにくい住まいに仕上がります。注文住宅は国産の天然無垢材を使用して、頑丈で長持ちちする住まいとしてだけではなく、シロアリ被害を予防して衛生的で安心して暮らせる住まいを実現します。注意したいのは、たとえ柱と梁を国産の天然無垢材で施工しても、壁材や扉など、さらには枠造りなどで安価な輸入材を使用してしまうと、シロアリの被害が発生しやすくなります。新築したときはシロアリが発生しなくても、輸入材の中で生息していた外国の虫が数年後から外へ出てくるようになり、やがて大繁殖してしまうと他の壁材なども食べてしまい、シロアリも寄り付きやすい環境に悪化してしまいます。新築のときに予算不足だからと、安易に材料費を削らないほうが、シロアリ被害の予防につながります。注文住宅は、すべての材料が国産の天然無垢材であることを仕様書や施工書に表記してもらえると安心です。輸入材をしようせざるを得ないときは、防虫剤やシロアリ駆除剤を注入して安全である証明書を作成してもらえると安心です。

後悔しない住宅会社の探し方1

河川に近い立地の土地に一戸建てを新築するなら、湿気対策にも配慮してもらいましょう。地域性を熟知している注文住宅の工務店は、土地の排水性と建物の湿気対策にも配慮して設計と施工を行ないます。土地の地盤調査を行い、一戸建てのコンクリート基礎を施工する面に対して、地盤強化対策を行ないます。粘土質の土地ならば砕石を土地に混ぜ合わせて、強度を高めます。砕石の効果で排水性も高くなります。湿気対策のポイントは、通気性です。窓を開けて換気する乾燥方法だけでなく、梅雨や長雨の季節に窓を開けられなくても湿気を吸収できるように、シラス壁や珪藻土を活用して内装を施工してくれます。シラス壁や珪藻土は、家事用な湿気を吸収してくれるからです。空気が乾燥したときには逆に湿気を放出してくれます。天然素材を使用した湿気対策なので健康にも良い住まいに仕上がります。河川に近い立地でも、カビに悩まされない住まいに整います。防カビ剤などの化学薬品に頼り過ぎなくて良いので家族にも安心です。

失敗しない資金計画

注文住宅の失敗しない資金計画は、どの様な状況が失敗なのかを認識し失敗の原因となる事柄を取り除けば簡単に実現出来ます。資金計画の失敗は、住宅ローンの支払いが日々の生活を著しく圧迫したり、最悪の場合返済不履行となり住宅を競売にかけられたり、任意整理の必要性が発生する事です。返済不履行をなくす為には、注文住宅の購入時から住宅ローン返済期間の金銭の流れを含んだ人生の設計図を出来るだけ明確に作成する事で、子供の養育費用や老後の生活費用など不透明な費用が多く、自分の生涯所得も不透明である事を自認する事が出来ます。自認できれば、ハウスメーカーや工務店の営業マンに誘導されるままに当初の予算を大きく逸脱する事無く、返済不履行を引き起こし資金計画で失敗するリスクは大きく低下します。又、返済額を抑えた事で金銭的余裕がある場合には、繰上げ返済すれば金融機関の預金よりも数倍得だとされ、繰上げ返済により返済額を減額するよりも返済期間を短縮した方がより得とされています。

注文住宅の設計について2

注文住宅には大きく分けて2つの形が有ります。設計士に初めから依頼して思い通りの住宅を設計し建てる物や、住宅メーカーが用意するオプションの中から自分の好みを選び組み合わせるものです。それぞれにメリットやデメリットが有るため、その内容を良く理解して選ぶことが大切です。
設計士に依頼して設計する場合には、自分の好きなデザインの家が建てられることが大きなメリットです。趣味の部屋などを自由につくることも可能で、自分だけのオリジナルの家を作ることができますが、費用が掛かる事と、売却する場合には一般的な家ではないため買い手が付きにくくなる可能性もあります。
対して住宅メーカーが用意するオプションの中から自分の好みを選び組み合わせる場合には、個性的な家は作りにくい反面、比較的価格が安いというメリットが有ります。最近では双方を上手に組み合わせて家を建てることができる斧も有るため、自分の好みと予算で選ぶことが出来ます。

注文住宅の設計について1

注文住宅の工務店は、自社にデザイナーがいる場合と、ほかにデザイナーがいる場合があります。木造建築の伝統的な一戸建てであれば、自社のデザイナーで設計できるのですが、お洒落な洋風の一戸建てや、ガラス窓の大きい設計の場合は、専門のデザイナーに外注したほうが、応用範囲が広がる場合もあります。

注文住宅で一戸建てを新築してもらうときに、どのようなデザインに仕上げたいのかを、最初に工務店に伝えておきましょう。イメージだけでも大丈夫です。イメージだけで表現する一戸建てを、安全に暮らせる住まいとして実現させるのが設計ポイントです。

三重の注文住宅の設計は、必要に応じて、さまざまな人の意見や提案が反映されます。外観のデザイン性だけでなく、外観を実現させながらも、耐震性や耐久性が高いままで実現させる必要があるので、ガラス窓の大きな住まいは、設計段階での話し合いを緊密に行ないましょう。施主だからといって安易にデザインを強制させるのではなく、専門家としての強度の実現をデザインに同居させるのも必須課題です。

耐震住宅について

注文住宅は新築するときの価格は高く感じられがちですが、長い目で見ると耐久性の高さから経済的でお得な場合が多いです。木造建築の注文住宅は、柱と梁の構造体で住宅そのものの耐久性と耐震性を備えられるのも特徴です。柱と梁の構造体だけで、しっかりとした建物ですから、壁材を撤去する修繕工事を行いやすく、経年劣化する箇所の交換リフォームも容易です。耐震住宅として設計してもらうときは、メンテナンス性を考慮してもらいましょう。制震が可能になる設備を設置すると、定期的な保守点検業務が必要になります。床下での作業ですから、床下空間に、ある程度の高さがあったほうが作業しやすいです。床下を高く設計できるのも注文住宅の特徴ですから、耐震性能の高さと、床下でのメンテナンス作業を行ないやすい機能性を満たせるように設計してもらいましょう。メンテナンス性が高ければ、低コストで住宅そのものを長持ちさせられます。耐震住宅は地震に強いだけでなく耐久性そのものが高いです。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

結婚して10年子供も二人生まれましたが、未だに賃貸マンション暮らしが続いていました。駅にも近く、スーパーマーケットはすぐ横にあり不自由は有りませんが、静かな雰囲気では有りませんでした。嫁が子供の為にも自然環境の豊かな場所の新築住宅に移り住みたいと言い出し、夫婦で新築住宅を探し始めました。新聞広告、インターネットで調べましたが、条件の良い所は手が出ず諦めていました。ところが思わぬ援軍が現れました。それは嫁の両親で嫁の話を聞き彼等の友人に問い合わせをしてくれていたのです。その物件は我々が希望する自然環境に恵まれた公園横の建つマンションでした。購入した方が急遽田舎に戻る必要が有り、未入居同然で不動産業者に戻されたのでした。嫁の母親と不動産業者の奥様とが同じ登山愛好会のメンバーで有り、その物件が公開される前に情報を頂いたのでした。不動産業者の好意で値引きまでして頂き購入出来ました。入居日は嫁の両親がお土産持参で手伝いに来られ、短時間で作業は終わりました。引越し祝いも兼ねて近くのお店で夕食を頂きましたが、家族全員、笑顔、笑顔で嫁の両親に感謝しています。

家を建てるハウスメーカー、工務店を選ぶには

ハウスメーカーで注文住宅を建てる際、知っておかなければならないのは、自由度が思ったよりもないということです。もちろん土地に合わせて家の設計はしますが、部材や建材は規格品が多く、それ以外のものはオプションになったりするため、結果出来上がってみると同じような家になってしまうことが多いでしょう。また、自社で大工を雇っていることは少なく、下請けの工務店が実際の工事をすることになります。大工の腕によって、出来上がりにばらつきが出ることがあります。また、事前に工場でカットした木材をボルトでとめていく製品を提供しているハウスメーカーでは、熟練の大工でなくても、作業に従事できてしまいます。またハウスメーカーは、営業や設計、施工がそれぞれ別の部署で担当しますので、連携が悪いとコミュニケーションがとりにくくなります。その点工務店では、社内の従業員の距離が近いので、連絡を密にとれます。また工務店のなかでも、自社で大工を教育しているところや、製材所を持っている工務店などは、品質に自信を持っている業者が多く、おすすめです。

マイホームを買うために見直すべきこと

新規にマイホームを取得される場合には、事前に見直しておくポイントが多数あります。注文住宅、分譲住宅を新築で購入する時には、住宅ローンの選択に力を掛ける方が多いです。もちろん住宅ローンの選択も重要で、選び方によっては大きく返済金額が変わる可能性があります。住宅ローンだけでなく合わせて見直すべきポイントは、家計の状態です。現状、毎月の収入と支出がいくらあるかを確認し、ローン返済が始まった場合、生活費が苦しくならないか想定する必要があります。収入と支出のバランスを考え見直す事で、より正確な資金計画を立案出来るのです。見直すべきポイントとして、保険の見直しも大切です。住宅ローン借り入れ時には、団体信用保険への加入をする場合が殆どです。生命保険の部分で既に加入している場合には、保険の見直しを行って保険料を抑える事が出来ます。以上、マイホームを取得する前には、周到な資金計画を立て見直しをする事が大切です。