二世帯住宅と価格

二世帯住宅のモデルプランを作っているハウスメーカーがあります。
カタログを見て、もし希望にあったモデルプランが見つかれば注文住宅にしなくて済みますが、たいていの二世帯住宅プランは玄関が別々で、そうすると浴室・キッチンも各々ついている完全独立型が多いです。いらないスペースがあったり、敷地の関係でうまく希望と合わなければ注文住宅で希望通りの間取りをお願いすることになります。
仮に土地探しから始めるとしても2軒分の家賃が今後ローン1つで良い事、新築ならば耐震・耐火・断熱効果も安心して住めます。

浴室が共用の場合、洗面台の3面鏡洗面ガラスは開くと中に収納ができるようになっています。2世帯4人以上が使うことを考慮すると、置きたいものも個々に多く、通常サイズよりも幅広の90cm幅にすると良いでしょう。片側の扉は義両親用で足ります。下の収納扉と引出しには洗濯用品・シャンプーなどの備品を2世帯分十分収納できます。
朝に洗髪したい人はシャワーヘッド付がよいです。浴室内収納棚の多さ、足が伸ばせる浴槽、腰掛もあるといいでしょう。

サーモフロアという床は冬場も冷たさを感じさせず、滑りにくい素材です。IHクッキングヒーターはガスのつけっぱなしがなく、出先で心配になることもなく年配者にも安心です。
共用で使用するところはダブルサイズを注文したり、高さの配慮が必要ですが、2つ分の注文・施工費はかかりません。
親世帯は日中家にいる時間も多く、1日中エアコンクーラーを使用する季節もありますが、オール電化にすれば節電意識がなくとも、電気量は下がり、他のご家庭よりもエコ生活ができているという採点も出ています。
今後は二世帯であっても家屋・土地の税金、火災保険・地震保険、インターネット・電話料金、有料放送、NHK受信料、電気・水道の公共料金もメータを別にしなければ一軒分で済むのです。税金や公共料金は二世帯であることの証明をすれば控除も受けられるので一軒分の2倍にはならないメリットがあります。
建築総価格も、玄関・浴室・キッチンが別々であっても建築面積やその他削れるところを削れば一軒分に少しプラスαで抑えることができます。
通常の一軒家でも太陽光発電を取り付けるか、ロフト、坪庭、地下室、屋内駐車場、掘りごたつのあるリビング、床暖房、ダウンライトの埋め込み数などこだわりの注文住宅を建てるのと変わらない価格か、それほどかからずに二世帯住宅を建てることは可能です。
ハウスメーカーにもよりますが長期優良基準を達していながら25坪の建坪で2500万~3000万程度で収める事も可能です。

 

童話貯蓄女性向けエステ.com生命保険の選び方英語上達の秘訣クレジットカードの即日発行じゃけんマッサージのリアル口コミ.comSEOアクセスアップ相互リンク集内職 アルバイトアフィリエイト相互リンクJALカード家計見直しクラブ女性の人生初値予想心の童話