失敗しない資金計画

注文住宅の失敗しない資金計画は、どの様な状況が失敗なのかを認識し失敗の原因となる事柄を取り除けば簡単に実現出来ます。資金計画の失敗は、住宅ローンの支払いが日々の生活を著しく圧迫したり、最悪の場合返済不履行となり住宅を競売にかけられたり、任意整理の必要性が発生する事です。返済不履行をなくす為には、注文住宅の購入時から住宅ローン返済期間の金銭の流れを含んだ人生の設計図を出来るだけ明確に作成する事で、子供の養育費用や老後の生活費用など不透明な費用が多く、自分の生涯所得も不透明である事を自認する事が出来ます。自認できれば、ハウスメーカーや工務店の営業マンに誘導されるままに当初の予算を大きく逸脱する事無く、返済不履行を引き起こし資金計画で失敗するリスクは大きく低下します。又、返済額を抑えた事で金銭的余裕がある場合には、繰上げ返済すれば金融機関の預金よりも数倍得だとされ、繰上げ返済により返済額を減額するよりも返済期間を短縮した方がより得とされています。

SNSでもご購読できます。